久しぶりの英語の発表はぼろぼろでした

  • DXP8HeDVQAA65DH (1)

1月末のこと。「賀正」という季節外れのタイトルのメールが届き、3月の超絶繁忙期の最中に国際研究ワークショップで発表しなさいとボスから連絡が。

断ることも一瞬よぎったのですが、D論の最後まで面倒を見てくださったのに恩を仇で返すことがあってはいけないと思い、協力させていただくことに。とは言え、英語での発表なんて何年ぶりかという状況。前回はいつだったっけー?と遡ってみたところ、5年前でした。東京きたばっかりの頃。結構前だなー。


一応これが今回の旅のメイン(台北出張2日目)
台北二日目。学会初日。オープニングセレモニーから参加しました。砂絵のプロ的な人が砂絵披露。思わず見入る。周りをざっと見たけど知り合いが全くと言っていいほど見...


先生が思っていらっしゃる以上に私英語できないんで、おそらく迷惑をおかけしますけど、、とお伝えしましたが、それでもいいからということで発表することに。



発表が決まってから仕事の後にスライド作ったり、チーティングペーパー作ったり、発表の練習やったりしていたんですが、まーぼろっぼろ。聴講者の皆さんも質問のレベルを下げてくださっているのはわかるんですが、それでも言葉が出てこない。修行が足りませんでした。

やっぱりこういう場に行くと、きちんと英語を勉強したいと思うもんですね。まぁ、こういう場から離れるとすーっとやる気も消えていくわけですが。ということで、やる気のあるうちに引き続き精進しなければと発奮できた、良い勉強になった一日でした。


広告・サイト内関連記事


ちなみに最近はPodcastバイリンガルニュースを通勤中に聞いて勉強してます。よくあるリスニング系のPodcastは内容が面白くないことが多いんで聞いてて苦痛なんですが、こちらは扱っている時事ネタが結構面白くて、あと時々来られるゲストとのトークがニッチな話題が多く、興味深く聞いています。文字起こしのアプリもあります。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!