北宗谷(稚内・利尻島)一人旅を終えて~ラーメンは北に来るほどうまい~

  • DSC_0638
  • DSC_0632
  • DSC_0633
  • DSC_0622
  • DSC_0620
  • DSC_0648
  • DSC_0657
  • DSC_0660
  • DSC_0670
  • DSC_0662
  • DSC_0666
  • DSC_0663
  • DSC_0665
  • IMG_1228
  • IMG_1225
  • IMG_1226
  • IMG_1227
  • DSC_0668

さて、北宗谷一人旅シリーズも今回で最終回。前回のエントリでは利尻島に行ってまいりましたが、最終日は再び稚内に戻り、フライトの時間まで数時間ですが、市内中心部を見て回りました。


稚内らしい風景、反アーチ型ドーム

稚内でも有名な建造物の1つ。波よけ用に建設された反アーチ形ドームです。どことなく古代ローマ建築ぽい。おしゃれ。
DSC_0632

DSC_0638

そばには稚泊航路記念碑。稚=稚内、泊=大泊(コルサコフ)@サハリン。終戦の年まで連絡性が就航していたそうです。ちなみに1995年から定期航路が再開しています。稚内から5時間半、2等客室なら往復4万でサハリンまで行けちゃいます。
DSC_0633


稚内市内中心部のまち歩き

引き続き港周辺を散歩。稚内の宿泊施設は供給不足気味だと言われてますが、そんな数少ないお宿の中でも最高級レベルのホテルの1つ。全日空ホテル。
DSC_0622

そのお隣の温水プール。変わった形。
DSC_0620

稚内市街地は割とコンパクト。すぐ近くに1日目に利用した稚内駅があります。日本最北端の駅です。2012年にできたばっかりらしく、すごくきれい。道の駅も併設していて1階でお土産が買えたり簡単なお食事ができたりします。
DSC_0648

DSC_0657

DSC_0660

あまりに愛らしくて自分のために買ってしまったのがこちら。マトリョーシカ風あざらし。3種類あって1つ400円。もちろん3つコンプ。ちなみにゴマちゃんたちが持ってるのは稚内名物の白鳥・アザラシ・フウセンウオです。
DSC_0670

さて、稚内市街散策再開。ちょっと足を延ばして副港市場へ。海産物が買えたり食事ができたりする複合観光施設です。
DSC_0662

DSC_0666

お隣には松坂大輔スタジアムが。お父上が稚内市出身らしいです。ちなみに松坂選手は青森市出身。江東区育ち。(いずれもWikipediaによる浅い情報)
DSC_0663


ヴァンのとなりでたちかまラーメン

このあたりでお昼になったので昼ごはんが食える場所を探しに。ぐるなび等で人気の高い「ヴァンのとなり」へ。
IMG_1227

ちなみにヴァンってのはお隣のステーキハウス「vin(ヴァン)」。本当にヴァンのとなりにあります。なんなんだこの便乗。「ちなみにラーメンは北に来るほどうまい。」そうです(ペインティング情報より)。
IMG_1228

おすすめと言われたので「たちかまラーメン」を。たちかまってのはたらの白子で作ったかまぼこのことです。弾力がものすごい。麺もお出汁もおいしいです。
IMG_1225


稚内はロシアのとなり

腹ごしらえが終わり、空港バスが来るまでの数十分間、最後に商店街をぷらぷら。店名がロシア語だ。まち全体が「ロシアのとなり」なんだなぁと実感。
DSC_0668

14時過ぎの空港リムジンに乗り込み、そのまま稚内空港で搭乗手続き、飲み損ねたサハリンビールを2本ほど購入し、15時40分発のANA574便で東京へ。

思い付きで決めた割には、なかなか中身の濃い3日間だったのではないかと思います。何の予備知識もなく行きましたが、とにかく楽しめました。運転好き、美味しい物好き(特に魚介)、辺境好き、自然好き・・・なクラスタの皆様にはぜひ一度行ってみることをおすすめしたい。一人旅でもグループ旅行でも楽しめると思います。

ちなみに国内では稚内だけで買えるサハリンビール、うわさに違わぬ微妙な味です。おためしあれ。


広告・サイト内関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!


dicekcom

離島と写真とコーヒーと公共交通が好き。中山間離島の交通まちづくりを考えるのが趣味兼仕事。ルーツは広島市と津和野町。ときどき島旅に出かけます。駅メモはじめました。