働きながら4年間で博士(論文博士)を取得した話

  • img_8097

論文博士という形での学位取得を目指して4年少々かかりましたが。このたび、ようやく博士(工学)の学位を取得しました。



近年、文科省としては課程制大学院の推進を進めているらしく、論文博士制度については将来的には廃止する方向で検討しているようなので(詳細はこのあたりをご覧ください)、論文博士という仕組みの存続自体が今後どうなるかわからないという状況の中ではあります。ただ、まだ当分はこの制度が持続するようではあるので、今後、博士取得を目指す人にとって参考になればと思い、公開しても差し支えなさそうな範囲内でまとめてみました。論文博士の取得フローの情報って意外と転がっていないので、情報不足で困っている方も多いかと思いまして。

なお、この記事は私が学位を取得した大学・専攻において、博士(工学)を論文博士で取得した際の個人的な経験に基づくものであり、内容の正確さについては保証できません。同じ大学であっても他の研究科や専攻では対応が異なると思いますし、同じ専攻の中でも先生によって扱いが異なる可能性があります(可能性があるというか、たぶんぜんぜん違うと思います)。ですので、あくまで参考としてご覧ください。

とりあえず、私が何を勉強してきたか

私は、データとモデルを使って都市と交通を考える研究室に所属していました。私の場合は、数理モデルを使って地方部の公共交通(主にバス)のサービス設計をどう決めていくか(路線をどう引くか、ダイヤをどう決めるか、利用をどうやって促進するか等々)を検討したというのが主な検討テーマでした。研究を始めた頃、ちょうど東日本大震災の被災地域の交通まちづくりをどう考えるかということを仕事でもやっていたし、大学と連携してプロジェクトに関わっていたりしたこともあり、地方の公共交通の中でも、特に、復興のための地域公共交通の維持確保にフォーカスしてケーススタディをしてきました。


論文博士と課程博士と何が違うのか

私の場合、正直この辺が全くわかってない状態で博士取得を始めてしまったのが正直なところでした(今でも細かいことはあんまりわかっていないのですが)。超ざっくり言うと、大学に入学し、課程を修了して博士論文を書くことで博士と名乗れる人が課程博士大学に入学せず、論文をとにかく書いて、博士論文としてまとめて審査を受けることで博士と名乗れる人が論文博士だと思っています。

論文博士は大学に入学するわけではないので、入学料はかかりませんし、授業を受けるわけではないので、授業料もかかりません。とにかく対外的に論文を投稿し、投稿論文が博士論文としてまとめられる段階になったら審査を受けるという形です。なお、審査の際には審査料がかかります。

また、そもそも大学に入学していないので、博士論文を書き終わっても大学を卒業しているわけではなく、最終学歴は修士のときの学歴のまま。博士という資格をその大学で取った、という位置づけになるので、最終学歴=論博を取得した大学とはなりません。要は課程の修了と博士の取得は別物と言うことなのですが、修士とかだと修了したら修士の学位が取れてるので、この違いがぴんと来ない方は多いと思います。


博士の取得を決める前の過ごし方と取得を決めるに至った理由

修士論文でテーマにした研究(経営評価モデルを使った都市交通の環境評価)は大学終了後、会社に入ってからも続けて取り組んでおり、入社1年目~2年目は国内外の学会に投稿していました(逆に大学院時代はほとんど対外的な論文を書いていませんでした)。仕事の片手間で研究をするというのは、会社によっては意見が別れるところではありますが、私が所属している部署が比較的アカデミックな取り組みに寛容であり、上司からの理解があったということが良かったのだと思います。さらには、こうした理解が進んでいたのは、おそらく私の先輩方がこれまで研究活動に熱心に取り組んできたからだと思います。皆さんに感謝ですね。

ただ、入社2年を過ぎると修士論文の掘り下げネタも完全に尽きてしまい、この頃から、業務内で先輩社員の指導のもとで取り組んでいた経済モデルを使ったプロジェクト評価をテーマに論文を書く機会が増えました。こちらは母校の先生でもなく、論博をとったところの先生でもなく、交通経済に詳しい先生から指導を受けつつ論文を書いていました。

そのような中、28歳のときにそれまで過ごしていた広島から東京に異動することに。東京での上司の紹介で、今回の博士論文の主査となる先生と出会い、東日本大震災の復興を支援する交通まちづくりをテーマに研究をしようということになり、その延長で博士の取得という話が具体になりました。課程博士でなく論文博士でということになった理由は正直あまり明確でないのですが、話の流れで論文博士で、ということになりました。


大学に関わり始めてからの生活

入ってすぐの頃

論文博士取得のための研究生活は、入学試験を受けるわけではないので、「あ、今日からお世話になります」みたいな感じで、とてもヌルッと始まります。入学しないので、大学の一員になるというよりは、研究室に出入りし始めるようになる、というのが感覚としては近いかと思います。私は2014年の4月から研究室に通い始めました。

論文博士の研究の進め方は人それぞれ、主査の先生によってもそれぞれです。私と同じ先生が主査となって指導を受けた先輩論文博士の方は、先生と個別の打合せをしながら研究を進められていましたが、私の場合は他の修士や学部の学生さんたちと一緒にゼミを行い、そこで発表したり議論しながら研究の方向性を固めていきました。

研究室に入って最初の1年は毎週末ゼミに参加し、月に1回は発表の順番が回って来るという感じでした。当時は研究の方向性すら全くつかめていない状態だったので、まずは基本的な知識を習得すべく、最適化問題を使ったネットワーク最適化系の論文を片っ端から読み、面白そうなのをゼミで発表し、自分の研究にどう反映させていくかということを話していました。学生さんが軒並み優秀なので、そのような中で自分のレベルの低い発表をするのは始めはとても抵抗があったのですが、数回やるとそんなしょうもないプライドは消えうせ、逆に学生さんからどれだけ参考になるコメントをいただけるかということを期待しつつ、毎回の発表に臨みました。そういう意味で、学生の皆さんに刺激をいただきながら研究ができたのは大変ありがたかったです。

こういう感じでレビューして発表してました。


英語に苦しみました

私の研究テーマである公共交通のネットワーク最適化に関する論文って、日本語論文があまり出ていなくて、基本は海外論文なんですよね。英語なんて大学院卒業後まともに取り組んでこなかったので、まーぜんぜん読めない。学生さんたちが1日で読めるような内容を、私はGoogle翻訳を駆使しながら1週間かけて読むわけです。しかも、これまで全く勉強してこなかった領域のことを、日本語でなく英語で勉強するってかなりハードル高いんですよね。ミスリードもかなり多いし。なので、はじめの取っ掛かりの部分は相当苦労しました。

そんな中、同じ分野で先行的な研究をされていた知り合いの先生と学会でお会いした際に、勉強のためにD論をご提供いただけないかと相談したところ、快諾戴くとともに、その場でデータを戴くことができました。結果的にはこれが取っ掛かりとなり、研究がかなり前進しました。まず、日本語でこの分野の全体像を理解できたのと、D論の中で参考になる海外論文が紹介されていたので、効率的にレビューすることができたということがメリットとして大きかったです。その先生には、その後も学会とかで会うたびにアドバイスをいただけたりして、本当にありがたかったです。


新規性を見出すのに苦しみました

ただ、こういうことを繰り返す中で、基礎知識は付くわけですが、まだまだ周辺知識がほとんど身についていないので、それをどう展開して自分の研究にすればいいかがよくわからない。そして、これまでどういうことが研究されていて、どういうことがまだ研究されていないのか、ということもあまりよくわかってない。なので、新しい領域の勉強を行いつつも、修士論文で身につけた経営評価モデルとか、社会人になって勉強した経済モデルとか、その辺の要素技術を公共交通分野に援用できないかということも並行して検討し、研究のバリエーションを増やしていきました。研究活動の初期は後者を先行して論文化していました。

そのうち、前者の最適化を使ったネットワーク分析の方向性もだいぶ定まってきたのですが、またしても大きなハードルが。色々分析の方向性を考えるのですが、結局自分で考えた分析内容が、既往研究の援用の枠を出ないわけです。既往モデルを使い、政策的インプリケーションとして新しいものが見出せるということも研究としての価値はあるわけですが、私の研究の場合、政策的インプリに関する既往研究もかなり層が厚かったので、ある程度アルゴリズムの新規性にこだわらないことには研究としての価値を見出しにくかったのです。そこで、これまで情報工学部門で少しずつ研究が進められていた列挙索引化技法を最適化問題の解法アルゴリズムの一部に組み込むことで、研究の新規性を見出しました。このアイデアが出たのは、2016年10月の先生方(主査の先生+後に副査になってくださった先生)との3人でのミーティングでした。発案のきっかけは残念ながら私ではなく、先生からでしたが、議論の中で具体的な実装の方向性が見えてきたのはとても嬉しかったです。


実装に苦しみました

ただ、ここでまたしても問題が。やはり博士取得はなかなか甘いものではありません。私は最適化問題を使った定式化とアルゴリズム設計まではできるのですが、実装(要はプログラミング言語によるコーディング)ができないわけです。これまでまともにコードなんぞ書いたことがないのに加え、最適化のアルゴリズム自体勉強したてほやほやの状況で、これはどうしたものかと。

どうしたものかと言われても、そんなもん博士を取ろうとしている人間が誰かに作ってもらうわけにもいかないので、自分でやるしかないわけですが。主査の先生や研究室の先輩ドクターからPythonが比較的簡単だという話を聞き、Pythonの初学者向けの本とかQiitaのPython関連の情報とか、最適化をPython使って解く方法がちょっとだけ紹介されている本とかを片っ端から入手し、一から勉強しました。読んだのはこの辺。





参考にしたWEBページはこのあたり。

Python関連の備忘録
ここでは研究で参考にしたページをストックしていきます.環境設定仮想環境の作り方.Pythonの仮想環境を構築できるvirtualenvを使ってみる基本操作Python2系のリスト関...


これ、何がきついって、そもそもプログラムをまわすための開発環境の構築すら常識がわからない状態だったことです。スタートラインにさえなかなか到達できない。焦りつつも色々調べると、どうやらeclipseで開発環境を整えるのが便利そうだぞということがわかり、ようやくスタート。Pythonはモジュールが豊富で、全部自分でコーディングしなくてもモジュールにある程度頼れますし、Gurobiとかのソルバーも充実しているのですが、それでも自作のアルゴリズムを動かそうとするとモジュールやソルバーのみに頼ってては作れないので、大部分を自分で考えて書きました。お手本がないので相当非効率な計算をしているのだと思いますが・・・。


Eclipse - The Eclipse Foundation open source community website.
Eclipse is probably best known as a Java IDE, but it is more: it is an IDE framework, a tools framework, an open source project, a community, an eco-system, ...


あとはデータも自作。対象地域のネットワークデータと需要データを自作して、隣接行列の形でデータを作成してPythonで読み込んでみて、うまく回らなくて、修正して、回ったと思ったら変なところでループしていてぜんぜんまともな計算結果じゃなくて・・・みたいなことを仕事が終わった後2ヶ月くらい取り組んでました。確か2016年の年末だったと思いますが、計算が回って、それっぽい結果が出たときは本当に嬉しかったなー。回ったということを週報で報告したら、主査の先生がTwitterで「プログラムが回った!」とか呟いてたりして。この瞬間がこれまでの研究生活の中で一番嬉しかったかもしれません。

作業は苦しかったし、めちゃくちゃ非効率な研究の仕方だったと思うけど、それも含めて自分の研究なんだという自覚を持つことができ、ここのプロセスをすっ飛ばさずに自分で考えて実装できてよかったと思いました。まぁ、ただ、ちなみにちょうどこの時期は、プロポーザルの提出時期と重なっていて、22時まで仕事してそれから終電までコード書いてという毎日が2ヶ月続いたわけで、本当にきつかったのを今でも思い出します。逆に当時のことを思えば、今後も大抵のことは乗り越えられそうな気がしています。


論文投稿に苦しみました

論文博士を取ろうとすると、その名の通り学会に論文を出さないといけないわけです。それもどこでもいいわけではなく、査読付きの論文に仕上げなければ論文としてカウントされません。博士論文提出までに何本必要かというのは主査の先生の匙加減にもよりますが、基本、各章に対して1本以上は査読付き論文が紐づいているのが基本といわれます(要はだいたい3本くらいは最低限必要)。とは言え、査読付き論文の受付って年内にそう何度もあるわけではないですし、受付期間ってだいたい集中しているので、同時期に何本も並行して書くのはきついわけです。なので、短期間(3年とか)で計画的に論文博士を取ろうとする人は、事前にある程度の論文のストックがある人が多いです。

私の場合、博士論文に取り組む前も、前述の通り論文投稿はそれなりにしていたのですが、査読付きでないものが多かったのと、博士論文の内容と直接関係ない論文の投稿が多かったので、これまでのストックがあまり役に立たず、とにかく出し続ける必要がありました。しかし、私の場合、査読付き論文に通るレベルの熟度に研究が至るまで1年ちょっとかかったので、なかなか本数が揃わなかったんですよね。後半で多少挽回しましたが、それでも博士取得者の中では少ないほうだと思います。あと、英語論文の本数も少なく、これは今でも反省しています。


審査のプロセス

ここまでくるとTEXは楽勝

論文が大体出揃い、博士論文がまとめられそうになったら、まず一通り書いてみるように言われます。ちなみに私の研究室では論文はTEXで書くのがルールなので、TEXの使い方も一から勉強しました。まぁPythonを頑張った後のことなので、Pythonの時の苦労に比べればたいしたことなく、むしろTEXを使うとWordよりもきれいな原稿を作ることができるので、学会への投稿論文もTEXに移行しました。ちなみに、TEXについてはこのあたりの書籍が参考になります。



予備審査

私のほうで一通り論文全体を執筆し、主査の先生と何度かやり取りを行った後に、予備審査に進もうという話になりました。これが2017年4月の話。先生と相談して副査を決定。私の大学のルールでは、副査は同じ専攻から3名以上と決まっていましたので、専攻から3名を、学外から2名にお願いしました。同じ専攻の先生については、私のほうで面識のある先生が少なかったので、主査の先生に紹介戴きました。これまで面識がない先生も2名いらっしゃいましたが、快諾いただけて大変ありがたかったです。学外の先生は、大学院時代からお世話になっている恩師と、上述のアルゴリズム検討の際に大変お世話になった先生にお願いしたいと私のほうから主査にお願いしました。

最終的に副査が決定したのが5月のGW明け。その後副査の先生方それぞれに私のほうからメールで連絡を取り、副査を引き受けてくださったことへのお礼と、事前説明のお願いをしました。これ、予備審査の前に各先生に事前説明を行うのが通例のようです。事前説明は5月末から6月上旬に行いました。各先生の居室に伺い、論文本編と発表資料を使いながら2時間程度みっちりと説明。戴いたコメントについては即座に修正対応。ちなみに対応状況については表にして、予備審査の際に説明しました。なお、副査の先生方以外に、研究室の先輩ドクターの皆さんにも発表練習に付き合っていただき、色々とご指摘を戴きました。大変ありがたかったです。

予備審査は6月末。30分説明30分質疑でした。厳しいコメントもそれなりにありましたが、事前説明をきちんとしていたので、全体的に建設的なご意見をいただけました。ちなみに、この後の本審査まで進んで落とされるということは少なく、落とされるとしたら予備審査が多いようです(と言うか、予備審査で落ちるようなレベルであれば、審査自体を延期することが多いのかもしれませんね)。


本審査

予備審査から1ヶ月弱くらいで専攻会議で予備審査について合格したという連絡が入り、それを待って学位申請書類(履歴書や論文目録、仮の論文本編など)を大学本部に提出し、審査料を振り込みました。このとき、論文目録に博士論文と関連する査読付き論文をリストアップするのですが、目録に掲載する全ての論文の連名者の方全員に承諾を戴く(一筆戴く)必要があります。サイン集めるのが結構大変です。あと、論文は仮製本で良いですからと事務の方から言われたので、てっきりフラットファイルに綴じとけば良いかと思いきや、抜き差しができない状態で製本することとのこと。それって普通にくるみ製本しないといけないってことですよね(苦笑)。てことで、必要部数5部をくるみ製本。部数少ないので単価が高く、1部当たり6000円ほど。高っけー(あ、これは大学によって大きく変わります。某大学はフラットファイルでもOKだったみたいです)。

ちなみに、博士論文のみでは専攻学術及び外国語に関して課程博士と同じレベルにないと判断されてしまう場合は、ここで別途試問が行われるようです。

予備審査で受けたコメントについて論文に反映し、9月頭に校正原稿を主査の先生に提出しました。その後大学のほうで副査の先生と予定調整をしていただき、本審査(公聴会)が10月半ばに決まったという連絡がありました。即座に副査の先生方に連絡を取り、本審査の事前説明の調整を。本審査になると先生方もだいぶゴールが見えてきたご様子で、根底から覆されるようなコメントはなく、論文全体の社会的意義や言葉の使い方、全体的な整合性などにコメントが集中しました。

公聴会はその名の通り公開なので、開催の数週間前に主査から土木計画学のメーリングリストで案内を出していただきました(そのメーリスのタイトルの私の名前の漢字が間違っているという凡ミスもありましたが)。そしてとうとう公聴会。45分説明で25分質疑。研究室の学生さんや会社の役職員の皆様、そして妻も聴講に来てくれました。質疑では細かい技術的な内容というより、この社会的にどう位置づけられるのか、何に貢献しているのか、アプローチとしてこういう方法が妥当なのか、等々、研究の本質について問われました。うまく応えられていないことがたくさんあったのですが、少なくとも、今後の展開に繋げられる、貴重な意見をたくさん戴きました。

公聴会後は最終審査となり、主査・副査の先生方で最終的に学位を出してよいかどうか決議が行われました。そして、無事に合格。あとは専攻会議で合否判定が行われるとのことですが、主査と副査で合格が決まった後専攻会議で覆されることはほとんどないようです。公聴会の後はお世話になった方々と懇親会。審査は厳しく、その後は楽しく、有意義な時間を過ごさせていただきました。

そして公聴会の1ヶ月少々後。12月初旬、専攻会議で合格したという連絡を戴きました。学位記は12月中には発行されていたようですが、3月の学位記授与式でも受け取れるとのことだったので、それを待って受け取りました。これにて無事、博士(工学)です。製本した博士論文をお世話になった方々にお送りし、本日ようやく一段落付いたところです。

学位記授与式は伝統あるこちらの教室で。同時期に論文博士を取得された方も3名参加されていました。




博士を取得して所感

博士を取得したわけですが、私が思い描いていた博士像には程遠く、せっかくこのような機会が与えられたのだから、もっと勉強しておけばよかったという後悔が心の中のかなりの部分を占めています。やりきった感が少ないというか。

ただ、言い訳をするわけではないのですが、仕事で他の人と同じノルマをかけられながら研究をするとなると、就業後(深夜)か休日にやるしかなく、かつ、業務のほうが立て込むと数週間とか数ヶ月研究から離脱せざるを得ないこともあり、どうしても片手間で対応せざるを得ないのが会社員として厳しいところ。そういう意味では、研究だけに没頭できる博士課程への進学というのは羨ましいです。とは言え、研究に専念すると言うことは、研究活動に対する責任も大きくなるので、言い訳できないプレッシャーは大きくなるのでしょうね。私の場合、仕事が忙しいという言い訳ができますから(まぁ、実際には言い訳なんてしませんけど、言い訳ができる環境があるというだけでも精神的にはたぶん相当楽なのでは)。ま、こんな感じで最後まで追い詰められていないから、私はもうひと伸びできなかったのかもしれませんが。

とは言え、仕事をしながら研究ができたからこそ、社会実装というところを常に念頭に研究ができたということは良かったと思いますし、学生と比べるとそれなりに社会に揉まれていることもあり、社会的な背景やニーズを踏まえた研究にフォーカスできたのも良かったかなというところ。とにかく、終わったことを後悔しても仕方ないので、やり残したと後悔する部分は、自分の力で今後展開していく必要があると思います。

あと、課程博士であろうと、論文博士であろうと、博士を取るという行為にはそれ相応の覚悟がなければうまくいかないのだと思います。私は博士を取ると決めたときにそれ相応の覚悟を決めて飛び込んだつもりでしたので、周りからの意見はあまり気にしていなかったのですが、博士を取得するために必要となる労力や、仕事や家庭への影響、その他いろんなリスクを十分に理解しないまま、安易に博士取得を勧めてこられる方も、周りに(それなりの人数で)いらっしゃいました。自分が気軽に発した言葉が一人の人生を大きく変えてしまうこともあるので、その辺の事情をよくわかっていない方が気軽に博士取得を勧めるのは、たぶんやめたほうが良いと思います。

色々考える部分はありますが、学位を取らなければというプレッシャーから開放された状態で、自分がやりたい・やらなくてはいけない研究や仕事ができる環境が学位取得にて整ったことが、一番のメリットかもしれません。


ということで今後

自分の中での研究テーマの模索、仕事の捉え方の再考、新しいものに飛び込む、英語の勉強、はこれからも技術研鑽のテーマにしたいです。そしてもし、後輩が同じく学位を取得するということがあれば、自分の経験を伝えてあげられればと思います。


スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!