今年もコピルアクの季節が到来しました

  • IMG_4822
  • IMG_4826
  • IMG_4830
  • IMG_4831
  • IMG_4821
  • IMG_4824

我が家のコーヒー豆は南流山の山猫屋珈琲店さんで購入しています。オーナー夫妻がとてもいい方々で、月に1回程度コーヒー豆を購入しに行くのが楽しみになるお店です。

で、この山猫屋さんで毎年この時期限定で販売されるレアコーヒー豆があります。その名もコピルアク。今年は11月11日と25日に焙煎があるらしく、50グラム39袋限定で予約販売をされています。売り切れる前に本日予約してまいりました。






このコーヒー、コーヒーの実からの製法がとても特殊。コピってのはインドネシア語でコーヒー、ルアクってのはジャコウネコのこと。ジャコウネコさんがせっせと製造した豆を使ってます。

まぁ、ネタバレすると以下の通りなんですが・・・

コピ・ルアク(インドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では、コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。


Wikipedeia –コピ・ルアク

製造方法的に若干抵抗感もありつつも、すごく香りがよく、普通に買うとめっちゃ高いコーヒーがお値打ち価格で購入できるときたもんで、物は試しと去年購入し、飲んで見たらそれはそれはびっくりするほど香り高く美味しかったので、今年も購入することに。

ちなみに去年購入時の写真。50グラムで1,980円です。もちろん普通のコーヒー豆と比べると高めなんですが、都内だと1杯2,000円くらいしたりするんでとってもお得に購入できます。



証明書つきです。


豆は見た目他の豆と変わりありません。が、香りが全く違います。


挽いて淹れてみます。蒸らすとすっごく膨らみます。炭酸ガスがたっぷり。


自家製パンとともに。至高の瞬間です。


今年も出会えるのが楽しみです。

広告・サイト内関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!


dicekcom

離島と写真とコーヒーと公共交通が好き。中山間離島の交通まちづくりを考えるのが趣味兼仕事。ルーツは広島市と津和野町。ときどき島旅に出かけます。駅メモはじめました。