都内で釣りを楽しみたければ「スーパーフィッシング足立」へ行こう

  • IMG_7373
  • IMG_7357
  • IMG_7360
  • バージョン 2
  • IMG_7363
  • IMG_7371
  • IMG_7370

足立区で魚釣りができるって知ってました?

その名も「スーパーフィッシング足立」。屋内の釣り堀としては都内最大規模を誇る施設だそうですよ。以前、散歩の達人の千住特集の巻で紹介されており、ずっと気になっていたので、先週末妻と遊びに行ってきました。

散歩の達人 2016年3月号(千住) | 散歩の達人 | | 交通新聞社オンラインショップ
「交通新聞社オンラインショップ」で取り扱う商品「散歩の達人 2016年3月号(千住)」の紹介・購入ページ


場所は北千住駅から東武スカイツリーラインで一駅の牛田駅。もしくは京成本線京成関屋駅近く。まぁ北千住駅から歩けなくもない距離です(15分くらいでしょうか)。




入口が若干わかりにくいですが、日本交通千住営業所やミズノフットサルプラザ千住の集まってるエリアの一角にあります。


まずは券売機で入場券を購入します。1時間で1人1080円です。エサと竿のレンタル料込みです。エサは練りエサと玉エサから選べます。練りエサの方が持ちが悪いですが、集魚力があり、玉エサは持ちが比較的いいですが、集魚力が落ちるみたいです。試しに妻は玉エサを、私は練りエサをチョイス。


施設内はこんな感じ。座席は半分弱くらい埋まってましたかねー。混んでることは少ないようで、ゆったり座れます。


釣りなんて小学生ぶり。勝手も忘れてますが、とりあえずエサをつけて待ちます。上から見ると鯉がたくさん泳いでいるのが見えるわけですが、なかなか釣れません。


妻にアタリが。大きめの金魚釣れました。


ちなみに釣果に合わせてポイントがもらえます。女性は40センチ、男性は50センチを超える大物もしくはチョウザメやナマズといったレアものを釣り上げたら「大物ポイント」がもらえるので、係員の方を呼びます。それ以外は釣り上げた魚の数に応じてポイントがつくようです。ただしキャッチアンドリリースがルールなので釣り上げた数は自己申告制です。紳士協定に基づいたシステムとなっております。

その後私にも無事アタリが。30センチくらいの鯉が釣れました(写真なし)。しかし久しぶりに生きてる魚と対面すると、どうすればいいのかわかりませんね(笑)。オロオロしつつ針を外し、リリース。

客層ですが、家族づれやカップル、友人同士などなど。訪問した時間帯が18時ごろだったこともあり、高齢の方よりは若い方が多かったかな。隣の小学生の男の子は10分おきくらいにじゃんじゃん釣り上げてました。一方で我々の目の前に座っていた学生ぽいお兄さんとおじさんは、少なくとも私が見ている間は1匹も釣果が上がっておられないようでした。簡単に見えて、結構コツが必要らしく、難しいです。

結局1時間で妻は3匹、私は2匹。大物ゲットはならず、でした。集中して釣ってると1時間はあっという間でしたね。ポイントは駄菓子と交換できます。二人とも50ポイント(だいたい50円相当)分のお菓子と交換。


ちなみに釣り堀の隣はゲームセンターとバッティングセンターが。遊び足りない方はこちらもどうぞ。


話の種に是非一度足を運んで見られるといいと思います。お子さんがおられる家庭では手軽に都内で釣りが体験できる施設ということで良いかもしれないですね。趣味が合うならデートで来られるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!