大久野島(うさぎ島)に行ってきた

  • DSC_0701
  • DSC_0703
  • DSC_0706
  • DSC_0709
  • DSC_0714
  • DSC_0718
  • DSC_0748
  • DSC_0749
  • DSC_0686
  • DSC_0689
  • DSC_0690
  • DSC_0691
  • DSC_0694
  • DSC_0751
  • DSC_0759
  • DSC_0761
  • DSC_0770
  • DSC_0788
  • DSC_0791
  • DSC_0799
  • DSC_0811
  • DSC_0825
  • DSC_0828
  • DSC_0840
  • DSC_0842
  • DSC_0844
  • DSC_0699
  • DSC_0766
  • DSC_0767
  • DSC_0771
  • DSC_0772
  • DSC_0773
  • DSC_0780
  • DSC_0804
  • DSC_0782
  • DSC_0813
  • DSC_0815
  • DSC_0820
  • DSC_0822
  • DSC_0836

あれは8月12日。私が30歳の年を迎えた日。

・・・私は一人、うさぎを見に行ってまいりました。

ということで、うさぎ島として名高い瀬戸内海の大久野島へ。

大久野島(おおくのしま)は、瀬戸内海に位置する島で、芸予諸島の1つ。広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルに位置し、周囲は4.3キロメートル。1934年(昭和9年)に瀬戸内海国立公園に指定されている。

「地図から消された島」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる。

大久野島 – Wikipedia

 

忠海港からアクセスです

大久野島は離島なのでに旅客船かフェリーでアクセスする必要があります。玄関口になるのが忠海港。JR呉線忠海駅から歩いて5分位。私は実家で車を借りてアクセス。山陽道本郷ICから30分位で到着です。大久野島だけでなく、大三島への便も出ています。DSC_0691
港の周りはいい感じの港町的雰囲気が。DSC_0690 DSC_0689 DSC_0686

フェリーと旅客船が交互にやってきます。行きはフェリーの時間と合ったのでフェリーで。海水浴に行くファミリーさんたちが大量に乗り込んでいきました。ちなみにフェリーは片道300円。DSC_0694

第一村兎と遭遇

15分ほどで大久野島に到着。
DSC_0842

平べったい第一村兎発見。暑かったからね・・・まぁこれはこれでかわいい。
DSC_0709

負の遺産を見る

島内を徒歩で散策。フェリー乗り場から時計回りでぐるっと回ることに。ちなみにフェリー乗り場から休暇村まで無料のシャトルバスが出てますが、まぁ一周3.3㎞なので十分歩けます。暑いけど。
DSC_0699

研究室跡。
DSC_0703

毒ガス容器。
DSC_0701

大久野島で泊まるなら休暇村大久野島で

休暇村。宿泊・食事などできます。
DSC_0706


休暇村の周りの草むらがうさぎたちのコロニーになってます。ここのうさぎは非常に人になれている。というか、自分たちにエサを運んでくる動物だと認識しているらしく。近づくと寄ってきてじゃれます。で、数秒間はわさわさぴょんぴょんしてかわいいんですが、エサが出てこないことがわかるとぷいっと踵を返して草むらに戻ってしまいます。ここでは人間は顔の美醜や性格の良し悪しなど関係なく、エサを持っているか否かがうさぎにモテる唯一の要因となっています。DSC_0714 DSC_0840

ちなみに、人懐こいけど所詮は野生。人に抱かれる訓練は受けていないので抱っこっこしてもふもふ的な展開は望めませんのであしからず。

トレッキングも楽しめます

さて、大久野島のもう一つの特徴である毒ガス製造に関する史跡ですが、多くは海岸沿いに立地してるんですが、砲台跡のなかで最も規模の大きい「中部砲台跡」は山の中にあります。せっかくなので見に行こうと山道に突入。しかしまさかこんなに山々しい道だとは思っておらず、完全にシティな格好で来てしまった私は少々後悔。登山靴までは要りませんが、少なくともスニーカーで来たほうがいいです。あと、山に入る前に飲み物とタオルは必須です(ちなみに私はタオル忘れた)。

こんな感じの山道。まぁまぁ急。
DSC_0749

途中唐突に野ざらしタンク跡があります。結構でかい。
DSC_0748
展望台からの風景です。360度の多島美が味わえます。
DSC_0751

登り始めて30分位ですかね。中部砲台跡に到着。
DSC_0766
DSC_0767
DSC_0770
DSC_0771
DSC_0772
DSC_0773

ここらにもうさぎっさんたちが集まってきております。建物の中がひんやりしているからかな。
DSC_0761

美人さん。
DSC_0759

山頂の鉄塔がめちゃくちゃでかくてランドマークになってます。
DSC_0780

さて、せっかく登った山を下って北部砲台跡へ。
DSC_0804
DSC_0782
DSC_0791

トンネル内のうさぎっさんがいい味を出している気が。
DSC_0788

港方面に少し歩くと火薬庫跡が。
DSC_0811 DSC_0813 DSC_0815

キャベツを持ってる人がモテます

ここの近くにいたうさぎっさんがちょうかわいかった。私の手からキャベツをもぐもぐと食べるうさぎっさん。きゃわわ!ちなみにこの数秒後ものすごい勢いで首をひねって私の手からキャベツをぶん取って森の中に逃げていきました。きゃわわ・・・
DSC_0799

さて港も近づいてまいりました。最後に立ち寄ったのが発電所跡。
DSC_0822
DSC_0825
DSC_0820

発電所横のトンネルの先は海。鬱アニメに出てきそうなワンシーンでなんかいいです。
DSC_0828
DSC_0836

帰りは旅客船です。DSC_0844

もふもふはできませんでしたがうさぎっさんたちに癒されたお誕生日でした。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!