半田市赤レンガ建物に立ち寄り

  • DSC_0174
  • DSCF8381
  • DSCF8389
  • DSC_0161
  • DSC_0170
  • DSCF8553
  • DSC_0160
  • DSC_0173

前回書いた通り、日間賀島を出発後、佐久島に向かっていたわけですが、道中綺麗な建物があったので立ち寄りました。半田赤レンガ建物です。

半田赤レンガ建物(はんだあかレンガたてもの)は、愛知県半田市にある赤レンガ建物赤レンガ倉庫)である。

建物はハーフティンバー棟、創建時主棟、貯蔵庫棟の3棟で構成されており、改修前の建物内部は年に数回一般公開されていたが、2014年~2015年にかけての耐震補強工事を経て2015年(平成27年)7月18日からは常時公開されている(年末年始は除く)[1]

Wikipedia- 半田赤レンガ建物

場所はこちら。名鉄河和線住吉町駅から徒歩圏内にあります。


国道247号側から見た外観。


もともとビール工場だったそうです。その後日本食品化工株式会社が日本で初めてコーンスターチ製造に成功したそうですよ。まさかふらりと立ち寄ったこんなところでコーンスターチのルーツに触れることになるとは。


裏側。駐車場側から。


一部は外壁がボロっとしていますが。


現在、建物は観光施設とカフェ、お土産屋さんとして使われています。




せっかくなのでお土産にカブトビールを購入。もともとこの半田赤レンガ建物で作られていたビールで、最近復刻されたそうです。

カブトビールとは、かつて丸三麦酒によって半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)で1898年明治31年)から1943年昭和18年)まで製造されていたビール

Wikipedia-カブトビール

明治大正の2種類が販売されています。明治は苦味強めかつアルコール濃いめ(7%)で炭酸弱め。大正はアルコール度数も含め、現在のビールに近い清涼感があります(5%)。もちろん飲み比べのために両方購入。個人的には大正の方が好きかな。


ということで、ちょっと寄り道しましたが、本来の目的地佐久島に次回は向かいます。

続く。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!