鬼怒川はミニチュアと動物と温泉の町

  • DSC_0024
  • DSCF6966
  • IMG_4975
  • DSC_0218
  • DSC_0475
  • DSCF6910
  • DSC_0030
  • DSC_0090
  • DSC_0091
  • DSC_0092
  • DSCF6916
  • DSCF6917
  • DSCF6979
  • DSC_0034
  • DSC_0413
  • DSCF6980
  • DSC_0035
  • DSC_0356
  • DSC_0038
  • DSCF7577
  • DSCF7053
  • DSC_0168
  • IMG_4994
  • IMG_4995
  • DSC_0110 (1)
  • DSCF7063
  • DSCF7121
  • DSC_0115
  • DSCF6937
  • DSC_0561
  • DSCF6874
  • DSC_0121
  • DSCF6875
  • DSCF6879
  • DSCF7451
  • DSCF6881
  • DSCF7579
  • DSC_0058
  • DSC_0060
  • DSCF6945
  • DSCF6885
  • DSCF7584
  • DSCF7586
  • DSC_0128
  • DSC_0129 (1)
  • DSC_0192
  • DSC_0001
  • DSC_0258
  • DSCF7589
  • DSC_0007
  • DSC_0073
  • DSCF6891
  • DSC_0012
  • DSCF7024
  • DSC_0077
  • DSCF6963
  • IMG_4967
  • DSC_0079
  • DSC_0144

先週の金曜日の朝のこと.せっかく天気が良い週末になるみたいだけどどうするかなーと会社に行く道中に夫婦で会議をしまして,今年の冬は旅行に行ってないので近場で旅行でもしようかという話に.ちょうど正月に寝違えて痛めた首がまだ痛んでいたので(ちなみにこのエントリを執筆中の今日現在でも絶賛痛み中),温泉でも行こうかということに.

そしてその日の夜,楽天トラベルで色々探したのですが,手軽に電車で行けて,手頃にそれなりの料理が食べられていい感じの部屋に泊まれてということを鑑み,今回は鬼怒川温泉に行ってみることにしました.

まるごと鬼怒川東武フリーパスでいざ鬼怒川へ

朝はのんびり起きて出発は昼から.北千住から東武鉄道の特急で向かうことにしました.ただいま諸事情により企画乗車券(フリーパス,1日乗車券等々)の情報収集をしている関係で若干企画乗車券に若干詳しい私.鬼怒川温泉といえば東武鉄道がフリーパスを出していたはずだと思いつき,北千住駅の窓口で購入.買ったのはこちら.

まるごと鬼怒川 東武フリーパス



発駅から下今市間の往復乗車券と下今市〜鬼怒川温泉〜湯西川温泉間が乗り降り自由,かつ鬼怒川温泉周辺のバスが乗り放題というものでして,お値段は北千住乗車の場合は大人4,120円(12月~3月利用の場合)です.特急代は別料金発生しますのでご注意.現地で公共交通を使ってウロウロする人にとってはお得なきっぷとなっております.場所によっては施設入場料が割引になったりお土産が割引になったりという特典もありです.

で,企画乗車券についてはそれなりに明るい私ですが,特急の車両については全く前知識がありませんで,それこそ東武の特急は全部スペーシアくらいに思っていたのですが,そういうことはないんですね..スペーシア的な近代的な車両の到着を想像していた私どもの目の前に現れたのは臨時特急ゆのさと277号

超レトロです.


車内もレトロです.


鬼怒川温泉街を散策

2時間少々で鬼怒川温泉に到着.駅舎手前の金色の像は鬼怒太(きぬた)さんの像.これ,日光市のゆるキャラらしいです.見た目ゆるくはないですが.


鬼怒太プロフィール

いや,よく見るとゆるいな.


駅前広場には足湯があります.鬼怒太の湯というそうですよ.


とりあえず駅前の観光案内所で地図をゲット.


チェックインまで少し時間があったのでまち歩きを.とりあえず温泉街に向かうと目の前に大きなホテルが.今回泊まったホテルではないですが,建物前の噴水がデカかったので(そしてその割にはびっくりするほど水の勢いがしょぼかったので)写真を.まぁ,後でわかったんですがこれまだ本領発揮する前の状態でした.


その後,鬼怒楯岩大吊橋へ.鬼怒川温泉街の南部と名勝「楯岩」を結ぶ全長140mの歩道専用吊橋です.遠目に見るとしっかりした綺麗な橋なので「なんか吊橋のわりに安定感ありすぎだよねー」とか言いながらアプローチ.


足を踏み入れて数歩で前言を撤回しました.写真では伝わらないと思いますが,めっちゃ揺れます.


高所恐怖症気味な私.厳密にいうと高いところに行くとなんか身につけているものを落としそうで怖いという,おおよそ人に言っても理解してもらえない部分で恐怖を感じているんですが.橋からの景色は絶景で,みなさん橋の欄干に寄りかかって写真なんか撮ってたりするのですが,床版の中心線から大きく外れて歩くなんて私には無理でした.


渡った先には展望台があるので少し山道を闊歩.途中味のある手掘りのトンネルが.


入ってみると予想以上に暗くてちょっと怖い.


トンネルを出ると祠が.


縁結びの神様を祀っている神社のようです.


頂上からは鬼怒川温泉の温泉街が一望できました.ちょうど夕暮れ時.綺麗でした.


縁結びの鐘がありました.とりあえず鳴らしときました.


その後,鬼怒川を代表する景色の一つ.ふれあい橋へ.


大階段に鬼が.


そうこうしていると暗くなりチェックインの時間も近づいてきたので宿へ.途中,先ほど見かけた噴水が本領を発揮していました.


鬼怒川パークホテルズでのんびり温泉

今宵の宿は「鬼怒川温泉 鬼怒川パークホテルズ」さんです.


入り口はこんな感じ.若干どこが入り口かわかりにくいですが..


建物は鬼怒川に面しています.まぁ,直前予約だったんで川沿いの部屋は取れなかったんですが.


増築を繰り返しているぽいお宿でして,私たちが泊まったのは本館.それなりに年季が入っているようですが,清潔で広くて良かったです.


仲居さんにお茶を入れていただきました.茶柱が.こりゃめでたい.


チェックイン後はお風呂.男女で風呂のタイプが異なるらしく,この時間帯は男性は古代檜風呂と樽風呂,女性は大江戸浮世風呂と屋形船風呂で,時間帯でチェンジするシステムです.両方とも露天風呂はついてます.まぁ,この日は寒波が到来して寒かったんで私は露天風呂は入らなかったんですが..

で,お風呂の後は夕食会場に移動してお食事.うっかり写真を撮るのを忘れたんですが,お鍋や焼き物など,会席料理を美味しく戴きました.

ちなみにホテルにポケモンGOのジムがあったのでジムバトルをしてたんですが,宿泊者のどなたかが日本国内では入手できないバリヤードを設置したもんだから珍しくて誰も手を出せず.その後1時間ほどジムを守っておられましたが,空気を読まないポケモンマスターの方が倒されたようでした.私としては,とりあえず図鑑にバリヤードを登録できたので感謝です.


夕食後にひとっ風呂と行こうと思ったのですが,部屋で晩酌していたら眠気がこんばんわしてしまい,そのまま早めの就寝.おやすみなさい...

翌日.朝食をしっかり戴き,さあ朝風呂という意気込みではあったのですが,またしても眠気がおはようございます状態でそのまま二度寝.結局温泉には1度しか入れず.何しに温泉に来てるんだか...

翌日は鬼怒川でいちご狩りとガーベラとハムスター

とは言え良いおもてなしに満足度高くチェックアウト.この日はまずは鬼怒川温泉から一駅移動し,日光花いちもんめという観光農園へ.目的はイチゴ狩りです.

農園にはハウスがたくさん.これ全部とちおとめのハウスです.


受付を済ませ,ヘタ入れ用のプラコップを手渡され,5番ハウスに案内されました.


ハウスには私たちだけ.貸切り.他にも家族連れなどが何組か来られてましたが,他の方々もそれぞれ各ハウス貸切だったみたいです.


ごろごろと実ってました.


めっちゃ甘いです.


30分食べ放題なんですが,20分ほどでお腹パンパンに.残り10分は写真撮影に費やしました.

イチゴを食べまくった後はガーベラ園に移動.




ガーベラ園自体はまぁ,すごいねーという感じだったのですが,温室の奥にパラダイスが.小動物たちを飼っているらしく,しかもお触りOK.餌やりOK.夢中で写真を撮りまくりました.

ひよこ.もうちょっと時期が早ければ最強に可愛い盛りだったのかも.ちょっと鶏感が出て来つつある時期でした.


ジャンガリアンハムスターの詰め合わせ.何これ超かわいい.お歳暮に欲しい.



うさぎさんたち.100円で餌を買って餌付け.大久野島の思い出が蘇りますねぇ.




モルモットさんはえらい臆病で懐いてくれませんでした.残念.


ということで,小動物たちをもふもふできるだけでもここに来る価値が十分あると思います.


東武ワールドスクエアには一度は行っておくべき

そんなこんなで十分楽しんで,花いちもんめを後に.バスで次の目的地へ.続いては鬼怒川といえば東武が誇るテーマパーク,東武ワールドスクエアです.


地方出身の私は東京に来てテレ東のCM(とーぶわーるどすくえあ〜のやつ)見て,初めてその存在を知ったのですが,正直どういう場所なのかよく知らず,鬼怒川温泉に来る道中でHPを見て予習しました.

東武ワールドスクウェア 世界建築博物館(とうぶワールドスクウェア せかいけんちくはくぶつかん、Tobu World Square)は、栃木県日光市鬼怒川温泉にある世界各国の遺跡や建築物を再現した日本ミニチュアパークである。

Wikipedia-東武ワールドスクエア

小さい頃お城のプラモとか作るのが好きだったので,ミニチュアの展示があるというのはかなり面白そう.ただ入場料大人2800円(実際にはとフリーパス利用者は2500円になるんですが)って結構とるなぁという感想を持ちながらとりあえず入ってみることにしたのですが,いやー,びっくり.想像以上でした.

まず入ってすぐに目に入る国会議事堂.何この精巧な模型.


ついこないだ二人で行った赤坂迎賓館.着目すべきは真後ろに東京タワーがあって,右奥に今は亡きNYのワールドトレードセンターが立地しているというカオスな空間だということ.


後,何がすごいって木が全部盆栽でしかも手入れが行き届いているということ.


スタッフの方々が丁寧に手入れをされているようです.


特に再現度が高い買ったスカイツリーさすが東武グループ


成田空港.のバックにまたしても東京タワー.


東京タワー自体もかなり精巧.タワー系は写真で見るとますます実物と違いがわかりにくいですね.


所変わってNYに移動.エンパイアステートビル周辺.


あと,一番すごいと思ったのがこの閘門式運河.実際に門が動いて水位が変わって船が運河を移動するんです.


続いてエジプトエリア.ラクダの向こうにエッフェル塔が.そうです向こうはヨーロッパエリア.


ヨーロッパエリアはスケールがでかい.バチカン市国のサン・ピエトロ広場.これ作るの何日かかったんだろう...


サグラダファミリア.工事中の様子がしっかり再現されているのがポイント高いですね.


所変わってアジアエリア.万里の長城には三蔵一行が.作るの楽しかっただろうな.


最後は昔の日本エリア.厳島神社に逆さスカイツリー,そしてその間に姫路城という,日本かぶれの外国人が見たら大喜びしそうな風景.


清水寺のバックに台北101というのもなかなかオツですな.


ということで,まぁここまで読んでいただければ薄々お分かりかと思いますが,私どもは全ての展示物で足を止め,ウッキウキで写真を撮りまくりまして,それそれはめちゃくちゃ満足度高かったです.そしてこんなすごい展示物の数々を屋外で吹きさらしの中で保管しているのもすごいですよね.2800円出す価値は十分ありますし,鬼怒川温泉のついででなく,ここを第一目的地として来るべき.まぁ,この日の気温がマイナス1度でクッソ寒かったので途中のアジアエリア辺りから若干写真撮影にやっつけ感が出て来たのは否めませんので,今度気候が良い時期に再度リベンジしたいと思います.

そうこうしているとそろそろ帰る時間に.行きの教訓を生かし,帰りはスペーシアに乗るべく時間を確認.ちょうどいい便がありました.

帰り際に駅近くのバームクーヘン屋さんHACHIYAさんで自分たちへのお土産を購入.そういえばまだ食べてない.早めに食べよう.


もちょっと時間が余ったので駅前のラーメン八海山さんに.モヤさまでも紹介されたお店です(モヤさまで紹介されました!ってのが前面に推されてました).味噌ラーメン(妻)と醤油ラーメン(私)をそれぞれオーダー.写真撮り忘れましたが(そういえばこの旅食べ物の写真をことごとく撮り忘れたなー・・・),昔ながらの中華そば的な味で美味しかったですよ.

関連ランキング:ラーメン | 鬼怒川温泉駅

駅に向かう通路の上を鳥さんが通過.かわいい御御足に癒されます.なんとなく全体的に動物に恵まれた旅行でしたな.


スペーシアきました.




座席も座り心地いいです.ロゴもかわいいですよね.


車内には売店が.珍しいのでとりあえずビーフジャーキーを購入.あ,そういえばこれもまだ食べてないわ.食べよう.


そんなこんなで楽しい週末の鬼怒川1泊旅行はおしまい.個人的楽しかったランキングは,
  1. 東武ワールドスクエア
  2. 花いちもんめの小動物
  3. 鬼怒川温泉(宿)
って感じですかね.東武ワールドスクエアにはぜひもう一度行きたいです.

おしまい.

スポンサードリンク

追記:
2017年7月に東武ワールドスクエア駅が新設されました!ますます行きやすくなった東武ワールドスクエアにみなさんぜひ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdicekcomをフォローしよう!